最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

言語と行為 いかにして言葉でものごとを行うか (講談社学術文庫)

  • 35 読みたい
  • 59 現在読んでいるもの

発行元 マルクス・ガブリエル .

    Download 言語と行為 いかにして言葉でものごとを行うか (講談社学術文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 言語と行為 いかにして言葉でものごとを行うか (講談社学術文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 言語と行為 いかにして言葉でものごとを行うか (講談社学術文庫) 無料で, 本の無料読書 言語と行為 いかにして言葉でものごとを行うか (講談社学術文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 言語と行為 いかにして言葉でものごとを行うか (講談社学術文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  オースティン,J.L.
    • 訳者:  飯野勝己
    • レーベル:  講談社学術文庫
    • シリーズ名:  言語と行為 いかにして言葉でものごとを行うか
    • 発売日:  2019年01月24日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000055634
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「言語行為論」は、ここから始まった。寡作で知られる哲学者ジョン・ラングショー・オースティン(1911-60年)がハーヴァード大学で行った歴史的講義の記録。言葉は事実を記述するだけではない。言葉を語ることがそのまま行為をすることになるケースの存在に着目し、「確認的(コンスタティヴ)」と「遂行的(パフォーマティヴ)」の区別を提唱した本書によって、哲学は決定的な変化を受けた。初の文庫版での新訳!

あなたも好きかもしれません

言語と行為 いかにして言葉でものごとを行うか (講談社学術文庫) by マルクス・ガブリエル ダウンロード PDF EPUB F2

学生時代に読んだ本。なつかしくて購入した。そう、発語行為、発語内行為、発語媒介行為、ほんと懐かしい。試験でも受けたくなった。はは。